電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

2001年6月8日 金曜日

【犬好き猫好き

犬も猫も大好きなので、「犬か猫か」の二者択一を迫られたりすると困るのだけれど、そんな究極の選択を迫られる状況など実際には思いつかないので、適当に「犬」などと答えてしまう。一つ屋根の下、家族同様の思い入れで暮らした経験が「犬」の方が長いので、あの日あの時あの場面が即座に思い浮かぶ「犬」に依怙贔屓してしまう面があるのだろう。だが猫との思い出を振り返ると心苦しいところもあり、究極の選択などを他人に問うのはあまり良いことではないと思う。
猫というのは良いものだなぁと思うのは、一人遊びしている姿を見かけたときである。JR駒込駅ホーム外回り側で電車待ちしていたら、線路脇の草むらを身を低くして忍び足で歩く猫が目に入った。腹がぼってりしていたので妊娠中かなと思ったが、単に栄養が良かっただけかもしれない。線路際の側溝ではしばしばドブネズミなどを見かけるので狩猟中かなと思ったが、何と狙っていたのはモンシロチョウだった。
母の愛犬「いび」は名前ばかりの「ミニチュア」ダックスフントだが、室内の蠅や蛾などを執拗に目で追い(私などより遙かに視力が高い)、届く距離まで来るとジャンプしてパクッと食べてしまう。母は嫌がるのだが犬にとっては大切なストレス解消、かけがえのない退屈しのぎになっているらしい。かくのごとく、犬というのは手よりも口が先に出るのだが、猫というのは口よりも先に手が出るわけで人間と似ているところが奇妙におかしいことがある。
その線路際の猫だが、手の届きそうな距離に蝶がやって来るとジャンプして両手を思い切り伸ばし、人間が蚊を打つようにパンッと捕らえようとするのだが、何度やっても上手く行かない。その空中にジャンプして海老反りになり両手をパンッと合わせた瞬間が何とも滑稽で間抜けで愛らしいのだ。失敗する度に面目なさそうに目をしばたかせ、懲りることなく何度も身を潜めるところからやり直す様が可愛い。一人遊びする猫というのは見る人の心を和ませる有り難い効能があるように思う。

2001年6月7日 木曜日

【見えない価値を測る

目に見える価値というのは理解するに易しいが、多少なりとも頭の中で演算してみるとわかってくる目に見えない価値を理解するのは難しい。
バブル経済に踊った時代、金ぴかに鍍金されたブランドネームを有り難がり、粗悪な品質でも高価であると他人に誇示できるもので有れば争って買い求めた人たちというのは何処へ行ったのだろう。益々冷え込む景気の横風を受け、ブランド物の衣装やバッグを売り払い、質実剛健地道な消費生活者として更生し、「清貧の食卓」などという本を読み、地域の人として地域活動に目覚め……などと思いたいところだが、実際のところどうだろう。
人様より一円でも安い物を買うことに熱中するあまり、安ければ品質などお構いなし、価格破壊を積極的に推し進める消費者の群に姿を変えたにすぎないのではないかという気がしてならない。景気の右肩が上下するのに合わせて右に左に方向転換する小魚の群、それが大衆の有るがままの姿なのかもしれない。たぶん景気動向などという物は、目に見えない物の価値を測る尺度とするにはひどく出来損ないなのかもしれない。

2001年6月6日 水曜日

【山羊がみる夢

紙をもそもそと食べている夢を頻りに見るのはどういうわけだろう。体に良くないのでやめようやめようと思いながらも、もそもそと食べ続ける夢。前世が四つ足であったなら山羊だったのではないかと妻に話すと、牛馬であっても山羊であった可能性は低いという。
子どものころ山羊をよく見たのは、高度成長時代農村で無用になった山羊が見せ物化していたのだろうか。遠足先などで頻繁に目にした記憶がある。子ども達の喝采を浴び、ちり紙や新聞紙をむしゃむしゃと食べながら薄ら笑いを浮かべているような顔をした山羊を、妙に痛ましく思ったものだ。PCBなどという洒落た名前は知らなくても新聞紙を食べるのは体に悪いのでやめた方がよいと思ったし、その薄ら笑いが妙に自虐的に見えて痛ましかったのだ。
前世が牛馬だったとしてもこの世の暮らしは楽ではない。青草を食べるのはわかるが、干し草を食べるというのが解せなかった。考えてみれば、人間様も生魚をわざわざ天日干しした干物を好んで食するわけで、わざわざ木乃伊化した魚を食べるという行為を奇妙に思われたとしても不思議ではない気もする。お天道様の恵みを全身に受けて更なる滋味と栄養を増した魚の干物などという洒落た知恵を、牛馬が食する干し草にまで敷衍して理解するというのはなかなか難しい。やはり前世は牛馬じゃあない気がする。人間のお子様でとりわけ鈍感なやつらを喜ばせるために、薄ら笑いを浮かべて紙を食べてみせるという徳行を重ねたおかげで、人間様に生まれ変わった山羊が私だと言う説を、夢が裏付けているような気がするのだが、違うかなぁ。

2001年6月1日 金曜日

【手紙:俳句会投句にかえて

新宿黄金街俳句会の皆様へ
楽しい酒宴の座興に俳句(川柳)会を催されると聞き、「けっ、またとんでもないものを始めたもんだ。かなわんなぁ」と溜め息をついた私です。駄文と自覚しつつ嬉々として作文に勤しむ私ですが、こと「俳句」に関しては大の苦手なのです。たとえ義理で渋々と観念しても駄句一句すら捻り出せないお詫びに「余はいかにして俳句嫌いとなりしか」を書かせていただきます。
中学二年の新学期、クラスに転校生がやって来ました。ちょっと美人で、才気走ったところもあり、「父が、清水は子どもを育てる土地じゃないって言ってたわよ」などと公然と口にするものですから、男子生徒の評判は悪く、苛めの対象にならなければいいなぁと心配する私でした。今回の句会に参加する O さんはその年1年生として私の一級下におられました。そして水泳部で O さんを苛めた私の悪友 I は、私によく「キザ、キザ、キザ、お前はキザと結婚しろ!」と囃し立てたものでした。何故かと言うと、優しく紳士的な私の性格を見抜いたのか担任の Mr.D 先生が何度席替えをしても私を彼女のとなりに座らせたのです。もちろん「キザ」とは彼女の事です。
でも「キザ」と私は妙に馬が合い、授業中小さな紙片を交換したりしてじゃれ合い、新婚夫婦のような仲睦まじさで一年間楽しく過ごしたのでした。その紙片交換でどうしても私が歯が立たなかったのが「俳句」なのです。これぞ名句と自信満々で手渡すと、雲泥の差の名句を返して来て「あなたのには季語がありませんわよ」などと添削してくるのです。「けっ、またとんでもないものを始めたもんだ。かなわんなぁ」と後悔したものでした。それ以来、私は俳句が苦手、しかも添削恐怖症なのです。
その後の彼女ですが、益々目立ちたがりが嵩じ、英語朗読大会などにもすすんで参加し、開隆堂 Jack & Betty の一文、
Mickey was a very young Mouse. But he could walk very well !
を朗々と朗読する、などとこっぱずかしい所業に及んだりして、シャイな私は恥知らずな妻を持った夫のように、俯いて頬を赤らめておりました。その後、都内キリスト教系大学に進学し、静岡に戻って地元テレビ局に入社、花形女子アナとして活躍。社内結婚して退社という人生を歩まれたようです。
私はというと、「キザ」との一年間の蜜月を演出した恩師 Mr.D 先生の仲人で現在の妻と結婚したのでした。新婚生活時代のある朝、何気なく朝の NHK 総合テレビを見ていたら、なんとあの「キザ」が東京進出した上、昔操った杵柄で主婦レポーターとして出演しているではありませんか。「まいったなぁ、やるもんだなぁ、ゾンビだなぁ」と半ば呆れて見たのを鮮明に覚えています。
それが彼女を見た最後。
レポートのテーマは横浜港で野ざらしにされたまま朽ち果てていく輸入シナチク缶詰問題でした。今でもシナチクを食べると彼女を思い出します。


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。