電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

今月の栞】
 なおもひそひそ隣室から、二人の会話が漏れて来る。
 その会話に依って私は、男は帰還の航空兵である事、そうしてたったいま帰還して、昨夜この港町に着いて、彼の故郷はこの港町から三里ほど歩いて行かなければならぬ寒村であるから、ここで一休みして、夜が明けたらすぐに故郷の生家に向って出発するというプログラムになっているらしい事、二人は昨夜はじめて相逢ったばかりで、別段旧知の間柄でも無いらしく、互いに多少遠慮し合っている事などを知った。
「日本の宿屋は、いいなあ。」と男。
「どうして?」
「しずかですから。」
「でも、波の音が、うるさいでしょう?」
「波の音には、なれています。自分の生れた村では、もっともっと波の音が高く聞えます。」
「お父さん、お母さん、待っているでしょうね。」
「お父さんは、ないんです。死んだのです。」
「お母さんだけ?」
「そうです。」
「お母さんは、いくつ?」と軽くたずねた。
「三十八です。」
 私は暗闇の中で、ぱちりと眼をひらいてしまった。あの男が、はたち前後だとすると、その母のとしは、そりゃそうかも知れぬ、その筈だ、不思議は無い、とは思ったものの、しかし、三十八は隣室の私にとっても、ショックであった。
「…………」
 とでも書かなければならぬように、果して女は黙ってしまった。はっと息を呑んだ女の、そのかすかな気配が、闇をとおして隣室の私の呼吸にぴたりと合った感じがした。無理もない、あの女は三十八か、九であろう。

(太宰治『母』ちくま文庫より)


2005年08月01日 月曜日
【夏の手帳】 カタカナへの逃避
●●今日の寄り道→

 

2005年08月02日 火曜日
【夏の手帳】 八月の始まり
●●今日の寄り道→

 

2005年08月03日 水曜日
【夏の手帳】 圏内と圏外
●●今日の寄り道→

 

2005年08月04日 木曜日
【夏の手帳】 足し算と引き算
●●今日の寄り道→

 

2005年08月05日 金曜日
【夏の手帳】 昭和29年のみなと祭り
●●今日の寄り道→

 

2005年08月06日 土曜日
【夏の手帳】 狭いなりに
●●今日の寄り道→

 

2005年08月12日 金曜日
【夏の手帳】 ありがとうございました
●●今日の寄り道→

 

2005年08月15日 月曜日
【夏のおもいで草むしり】 母と子のねじを巻く
●●今日の寄り道→

 

2005年08月18日 木曜日
【夏のおもいで草むしり】人の縁
●●今日の寄り道→

 

2005年08月19日 金曜日
【夏のおもいで草むしり】 ひとり
●●今日の寄り道→

 

2005年08月20日 土曜日
【夏のおもいで草むしり】 ウナギ
●●今日の寄り道→

 

2005年08月21日 日曜日
【夏のおもいで草むしり】 充電
●●今日の寄り道→

 

2005年08月22日 月曜日
夜は千の目を持つ
●●今日の寄り道→

 

2005年08月23日 火曜日
穴の中
●●今日の寄り道→

 

2005年08月24日 水曜日
想い出ヘビ花火
●●今日の寄り道→【不忍池初秋】

 

2005年08月26日 金曜日
台風一過
●●今日の寄り道→【最後の梅干】

 

2005年08月27日 土曜日
8月の黄昏
●●今日の寄り道→

 

2005年08月28日 日曜日
どうしてこんなに悲しいんだろう
●●今日の寄り道→【海の乳】

 

2005年08月29日 月曜日
軽食覚え書き
●●今日の寄り道→【水】

 

2005年08月30日 火曜日
何で
●●今日の寄り道→【いかりと怒り】

 

2005年08月31日 水曜日
おはよう!
●●今日の寄り道→【市場食堂】

 

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。