2002年12月 2日 月曜日

【PTHPasteboard】

Macintosh にせよ Windows にせよ、オンラインソフトで、とてつもなく便利で一度使ったら手放したくなくなるソフトウェアが無料であることが多い。
 
『善意』というのは面白い。
『無料』という『善意』で公開されたソフトウェアには『善意』の支持者からのフィードバックが寄せられ、ますます完成度を高めていくものも多い。その一方で、『善意』を解さないユーザーの心ない誹謗中傷で開発に嫌気がさしてしまう作者もいるという話も聞く。

また『有料』のソフトウェアに送金したら「パスワードはありません。[私は払いました]にチェックを入れてください」などという作者のメールが届くこともある。払ってもいないのに[私は払いました]をチェックするなどという嘘つきを相手にしないという、『善意』を信頼してのプロテクトで、しみじみと好感が持てる。
 
PTHPasteboard は文字列をコピーした際、その履歴を保存してくれる小さなソフトウェアである。
環境設定で「ログイン時に起動する」をチェックしておくとメニューバーにアイコンが表示され、いつでも過去の履歴を参照でき、その項目をクリックすることで入力が可能になる。
「ペーストボードのサイズ」で記憶する件数、「1項目あたりの最大サイズ」で項目の許容文字数を設定できるのも有り難い。
さらに「バッファを保存する」をチェックしておくと、ログイン時に前回ログアウトした時点の情報が保存しておけるのも素晴らしい。
 
使ってみると非常に便利で、Web ブラウズ時の URL メモ、気になった情報を次々にコピーしてストックする、文書作成時コピーやカットした文章のバックアップなどなど、思わぬところで役に立つ。
 
OS 9 までの環境では、この手のソフトウェアをバックグラウンドで起動させておくと、システムが不安定になるなどの弊害もあったが、マルチタスク、プロテクトメモリを備えた OS X ならではの快適環境である。
 
厳密にいえばフリーウェアではなく、ドネーション(寄付)ウェアであり、妥当だと思う対価を送金することで、作者を支援するシステムである (PTHPasteboard is free and will always be free. If you'd like to donate money towards this and other free PTH products please click the above button.)。
 
PTHPasteboard
ダウンロードはこちらから。
静岡県出身、某W大学出身の E-WA さんによる日本語化がなされているのも嬉しい(^^)