近況報告:熊野古道体験
まんじゅうふかし
カブ札異聞
熊野帰郷 2002年夏
 
【1】熊野大花火

「はまボーズ定年を迎えるの記」
 
【1】定年退職のご挨拶
「はまボーズ定年を迎えるの記」
 【2】定年後生活・点描(1)(2)(3)

   

【回文講座】

Part入門編
Part中国編
…………
【付録】弟子たちの跳梁 石原雅彦編

【名前まぜこぜクイズ】
Part
Part

【替えことわざ】
Part
Part

新・雨ニモ負ケズ

 

   
送別の辞
店名異聞
上喜元辛口
   
鮎料理編
米の炊き方編
野沢菜編
   
恥比べ・イヌとネコ
「黒米」はネコ缶を招く?
【化け物鮎?】 釣り人の悩み果てなし(仕掛け編)
【化け物鮎?】 未知との遭遇@大見川
釣りキチのハナモゲラ日誌
……Part(1) 海釣り編
釣りキチのハナモゲラ日誌……Part(2) 鮎の友釣り編
釣りキチのハナモゲラ日誌……【付録】「遊友会」会則(抜粋)
   
「どめいん輪廻」?
お詫びひたすら
バースデイ・メール

   
はまボーズの
自己紹介

「人生をデザインする」ことを信条とし, 「人生三分の計」を図らんとしている 身のほど知らずのボーズ頭の男。
 
その人生の三分の一は 「ホモ・エディトリアル」(編集を遊ぶヒト)を自称して 仕事(医療分野の出版)のために,また三分の一は家族(老いた父母,かみさん1人,猫2匹)との 暮らしのために, あとの三分の一はひたすら酒と釣りにのめりこんで過ごしてきた。
 
かつての「紅顔の美少年」も 「酔眼の中年」を経て「老眼のおじん」となり, 50代に入ってからは,化天の内を比べるほどの才もないままに 「夢まぼろしのごとく」生きたい, などとつぶやいている。

(自画像をうたった戯れ詩「新・雨ニモ負ケズ」参照)