写真植字を始める
写研とモリサワ

石井文字

一寸の巾

活版から受け継いだもの
製版カメラ


自動化へ

マイコン

デジタルになってみれば

パソコンが無かった頃はデサインから印刷まで
すべての作業が職人的な腕に支えられていました。
今では考えられないほど、手間も時間もかかったものです。
そんな時代もあったということで、
活版から写植、DTPへと移り行く時代の流れを
見たまま聞いたまま薄れかけた記憶を辿りながら書いて見ました。
記憶のみが頼りですから、間違いもあるかも知れません。
文献などを調べて裏づけられたものではないことを
あらかじめお断りしておきます。

なお、文中の地名は東京のものです。
それから、表示フォントは OSAKA で最適になるように組んであります。
Windows 環境が無いので解りませんが、
アルファベットが含まれる行は OSAKA 以外のフォントでは
行末が揃わないかも知れません。

   
  hausen@air.linkclub.or.jp