電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

白山下へ来ると、道ばたで馬が倒れていた。
馬方が、バケツに水をくんで来ては、馬の頭から腹から浴びせかけていた。
頸のまわりには大きな氷塊が二つ三つころがっていた。
毎年盛夏のころにはしばしば出くわす光景である。
こうまでならないうちに、こうなってからの手当の十分の一でもしてやればよいのにと思うことである。
曙町の、とある横町をはいると、やはり道ばたに荷馬車が一台とまっていた。
大きな葉桜の枝が道路の片側いっぱいに影を拡げている下に、馬は涼しそうに休息していた。
馬にでも地獄と極楽はあるのである。
(大正十三年九月、渋柿)

寺田寅彦『柿の種』より


  2006年09月01日(金曜日)の日記
■夕映えの中にいた
  2006年09月02日(土曜日)の日記
■久能街道午前6時
  2006年09月03日(日曜日)の日記
■コジマくんとヤマダくん
  2006年09月04日(月曜日)の日記
■国吉田跨線橋を歩いて渡る
  2006年09月05日(火曜日)の日記
■国道1号線静鉄鉄橋
  2006年09月06日(水曜日)の日記
■入江の史跡めぐり……10
「若宮神社」
  2006年09月07日(木曜日)の日記
■清水の写真三枚をめぐる与太日記
  2006年09月10日(日曜日)の日記
■大内田んぼの残暑
  2006年09月11日(月曜日)の日記
■南無清水野菜村
  2006年09月12日(火曜日)の日記
■いつかある日
  2006年09月13日(水曜日)の日記
■流星を見に行く
  2006年09月15日(金曜日)の日記
■栴檀のある道
  2006年09月16日(土曜日)の日記
■次郎長上京
  2006年09月17日(日曜日)の日記
■ジャストラインの窓から
  2006年09月18日(月曜日)の日記
■江尻船溜まりの瑞宝丸
  2006年09月21日(木曜日)の日記
■静鉄賤機山リフト
  2006年09月22日(金曜日)の日記
■鉄橋と頭
  2006年09月23日(土曜日)の日記
■静鉄の中の静鉄
  2006年09月25日(月曜日)の日記
■彼岸花咲く頃合い
  2006年09月27日(水曜日)の日記
■富士見橋夕景
  2006年09月28日(木曜日)の日記
■赤坂の山王さん
  2006年09月30日(土曜日)の日記
■第八十八十勝丸出港
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。