電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

 暦の上の春と、気候の春とはある意味では没交渉である。編暦をつかさどる人々は、たとえば東京における三月の平均温度が摂氏何度であるかを知らなくても職務上少しもさしつかえはない。北半球の春は南半球の秋である事だけを考えてもそれはわかるだろう。
 春という言葉が正当な意味をもつのは、地球上でも温帯の一部に限られている。これもだれも知ってはいるが、リアライズしていないのは事実である。
 しかしたとえば東京なら東京という定まった土地では、一年じゅうの気候の変化にはおのずからきまった平均の径路がある。それが週期的ないし非週期的の異同の波によって歳々の不同を示す。
 この平均温度というものが往々誤解されるものである。どうかするとその月にその温度の日が最も多いという意見に思いちがえられるのである。しかし実際は月の内でその月の平均温度を示していた時間はきわめてまれである。
 それと事がらは別だが、いわゆる輿論(よろん)とか衆議の結果というようなものが実際に多数の意見を代表するかどうか疑わしい場合がはなはだ多いように思う。それから、また志士や学者が言っているような「民衆」というような人間は捜してみると存外容易に見つからない。飢えに泣いているはずの細民がどうかすると初鰹魚(はつがつお)を食って太平楽を並べていたり、縁日で盆栽をひやかしている。
 これも別の事であるが流行あるいは最新流行という衣装や粧飾品はむしろきわめて少数の人しか着けていない事を意味する。これも考えてみると妙な事である。新しい思想や学説でも、それが多少広く世間に行き渡るころにはもう「流行」はしない事になる。

寺田寅彦『春六題』より


  2007年01月01日(月曜日)の日記
■迎春
  2007年01月02日(火曜日)の日記
■桜橋と箱根駅伝と函嶺洞門
  2007年01月05日(金曜日)の日記
■最後の年賀状
  2007年01月06日(土曜日)の日記
■ヘンはお互いさま
  2007年01月07日(日曜日)の日記
■初場所雑感
  2007年01月09日(火曜日)の日記
■押し売りの時代
  2007年01月10日(水曜日)の日記
■算数の日暮れ道
  2007年01月11日(木曜日)の日記
■光の国に生まれ出て
  2007年01月14日(日曜日)の日記
■清水に乾杯
  2007年01月15日(月曜日)の日記
■夏の日の恋
  2007年01月16日(火曜日)の日記
■記憶という名の列車
  2007年01月17日(水曜日)の日記
■黒と黄色
  2007年01月18日(木曜日)の日記
■ぽつりぽつり
  2007年01月22日(月曜日)の日記
【ケアの方舟……25】
■隣の糂汰味噌
  2007年01月23日(火曜日)の日記
【ケアの方舟……26】
■庚申堂のある風景
  2007年01月24日(水曜日)の日記
■……の中
  2007年01月25日(木曜日)の日記
■気配
  2007年01月26日(金曜日)の日記
■町に覚えあり
  2007年01月28日(日曜日)の日記
■鶯横町
  2007年01月29日(月曜日)の日記
■石を拾う
  2007年01月30日(火曜日)の日記
■待ち時間
  2007年01月31日(水曜日)の日記
■航海日誌
   
     
   
     
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。