電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

「落ちざまに虻を伏せたる椿かな」漱石先生の句である。今から三十余年の昔自分の高等学校学生時代に熊本から帰省の途次門司の宿屋である友人と一晩寝ないで語り明かしたときにこの句についてだいぶいろいろ論じ合ったことを記憶している。どんな事を論じたかは覚えていない。ところがこの二三年前、偶然な機会から椿の花が落ちるときにたとえそれが落ち始める時にはうつ向きに落ち始めても空中で回転して仰向きになろうとするような傾向があるらしいことに気がついて、多少これについて観察しまた実験をした結果、やはり実際にそういう傾向のあることを確かめることができた。それで木が高いほどうつ向きに落ちた花よりも仰向きに落ちた花の数の比率が大きいという結果になるのである。しかし低い木だとうつ向きに枝を離れた花は空中で回転する間がないのでそのままにうつ向きに落ちつくのが通例である。この空中反転作用は花冠の特有な形態による空気の抵抗のはたらき方、花の重心の位置、花の慣性能率等によって決定されることはもちろんである。それでもし虻が花の蕊の上にしがみついてそのままに落下すると、虫のために全体の重心がいくらか移動しその結果はいくらかでも上記の反転作用を減ずるようになるであろうと想像される。すなわち虻を伏せやすくなるのである。こんなことは右の句の鑑賞にはたいした関係はないことであろうが、自分はこういう瑣末な物理学的の考察をすることによってこの句の表現する自然現象の現実性が強められ、その印象が濃厚になり、従ってその詩の美しさが高まるような気がするのである。

寺田寅彦『思い出草』より


  2007年02月01日(木曜日)の日記
■仲間さがし
  2007年02月03日(土曜日)の日記
■寒ざくら咲く町
  2007年02月04日(日曜日)の日記
■ずんどう焼
  2007年02月05日(月曜日)の日記
■静岡発国府津行
  2007年02月06日(火曜日)の日記
■おかしの小径(こみち)
  2007年02月07日(水曜日)の日記
■春夏秋冬
  2007年02月08日(木曜日)の日記
■道の事情
  2007年02月09日(金曜日)の日記
■終端頭端
  2007年02月12日(月曜日)の日記
■話の話
  2007年02月14日(水曜日)の日記
■夕空の向こう
  2007年02月15日(木曜日)の日記
■忘却と発見
  2007年02月16日(金曜日)の日記
■フォロー・ミー
  2007年02月19日(月曜日)の日記
■ぼくとまつや食堂と時々郷ひろみ
  2007年02月20日(火曜日)の日記
■しゃがんで考える人
  2007年02月22日(木曜日)の日記
■遠眼近眼(とおめちかめ)
  2007年02月23日(金曜日)の日記
■光の帝国
  2007年02月26日(月曜日)の日記
■千の階段
  2007年02月27日(火曜日)の日記
■紅一点
   
   
   
   
   
     
   
     
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。