電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

 日常の環境の中であまりにわれわれに近く親しいために、かえってその存在の価値を意識しなかったようなものが、ひとたびその環境を離れ見失った時になって、最も強くわれわれの追憶を刺戟することがしばしばある。それで郷里に居た時には少しも珍しくもなんともなかったものが、郷里を離れて他国に移り住んでからはかえって最も珍しくなつかしいものになる。そういう例は色々ある中にも最も手近なところで若干の食物が数えられる。その一つは寒竹の筍である。
 高知近傍には寒竹の垣根が多い。隙間なく密生しても活力を失わないという特徴があるために垣根の適当な素材として選ばれたのであろう。あれは何月頃であろうか。とにかくうすら寒い時候に可愛らしい筍をにょきにょきと簇生させる。引抜くと、きゅうっきゅうっと小気味の好い音を出す。軟らかい緑の茎に紫色の隈取りがあって美しい。なまで噛むと特徴ある青臭い香がする。
 年取った祖母と幼い自分とで宅の垣根をせせり歩いてそうけに一杯の寒竹を採るのは容易であった。そうして黒光りのする台所の板間で、薄暗い石油ランプの燈下で一つ一つ皮を剥いでいる。そういう光景が一つの古い煤けた油画の画面のような形をとって四十余年後の記憶の中に浮上がって来るのである。自分の五歳の頃から五年ほどの間熊本鎮台に赴任したきり一度も帰らなかった父の留守の淋しさ、おそらくその当時は自覚しなかった淋しさが、不思議にもこの燈下の寒竹の記憶と共に、はっきりした意識となって甦って来るのである。

寺田寅彦『郷土的味覚』より


  2007年03月01日(木曜日)の日記
■用いられたるもの
  2007年03月07日(水曜日)の日記
■鳥の居る場所
  2007年03月08日(木曜日)の日記
■心を洗う
  2007年03月09日(金曜日)の日記
■卒業と入学
  2007年03月10日(土曜日)の日記
■御神籤をひく人
  2007年03月13日(火曜日)の日記
■田んぼと酔っぱらいと骨董
  2007年03月15日(木曜日)の日記
■枠の中と先割れくん
  2007年03月16日(金曜日)の日記
■等倍の世界――frottage(フロッタージュ)
  2007年03月17日(土曜日)の日記
■着メロ
  2007年03月18日(日曜日)の日記
■少数派の耳かき
  2007年03月19日(月曜日)の日記
■接触と非接触
  2007年03月20日(火曜日)の日記
■とうきょうきょうばしさっぽろどみにか
  2007年03月22日(木曜日)の日記
■コブシとモクレンの見分け方
  2007年03月23日(金曜日)の日記
■花の季節
  2007年03月24日(土曜日)の日記
■銀座とYAMAHAと羽生名人
  2007年03月26日(月曜日)の日記
■おはようと泣き笑い
  2007年03月27日(火曜日)の日記
■花とままごと
   
   
   
   
   
   
     
   
     
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。