電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

 八九歳のころ医者の命令で始めて牛乳というものを飲まされた。当時まだ牛乳は少なくとも大衆一般の嗜好品でもなく、常用栄養品でもなく、主として病弱な人間の薬用品であったように見える。そうして、牛乳やいわゆるソップがどうにも臭くって飲めず、飲めばきっと嘔吐したり下痢したりするという古風な趣味の人の多かったころであった。もっともそのころでもモダーンなハイカラな人もたくさんあって、たとえば当時通学していた番町小学校の同級生の中には昼の弁当としてパンとバタを常用していた小公子もあった。そのバタというものの名前さえも知らず、きれいな切り子ガラスの小さな壺にはいった妙な黄色い蝋のようなものを、象牙の耳かきのようなものでしゃくい出してパンになすりつけて食っているのを、隣席からさもしい好奇の目を見張っていたくらいである。その一方ではまた、自分の田舎では人間の食うものと思われていない蝗の佃煮をうまそうに食っている江戸っ子の児童もあって、これにもまたちがった意味での驚異の目を見張ったのであった。
 始めて飲んだ牛乳はやはり飲みにくい「おくすり」であったらしい。それを飲みやすくするために医者はこれに少量のコーヒーを配剤することを忘れなかった。粉にしたコーヒーをさらし木綿の小袋にほんのひとつまみちょっぴり入れたのを熱い牛乳の中に浸して、漢方の風邪薬のように振り出し絞り出すのである。とにかくこの生まれて始めて味わったコーヒーの香味はすっかり田舎育ちの少年の私を心酔させてしまった。すべてのエキゾティックなものに憧憬をもっていた子供心に、この南洋的西洋的な香気は未知の極楽郷から遠洋を渡って来た一脈の薫風のように感ぜられたもののようである。その後まもなく郷里の田舎へ移り住んでからも毎日一合の牛乳は欠かさず飲んでいたが、東京で味わったようなコーヒーの香味はもう味わわれなかったらしい。

寺田寅彦『コーヒー哲学序説』より


  2007年04月02日(月曜日)の日記
■燕来る
  2007年04月03日(火曜日)の日記
■ああこりゃこりゃ
  2007年04月06日(金曜日)の日記
■四季報
  2007年04月07日(土曜日)の日記
■浜松町寸歩
  2007年04月09日(月曜日)の日記
■パリのおのぼりさん
  2007年04月10日(火曜日)の日記
■この芽なんの芽
  2007年04月11日(水曜日)の日記
■ははくそちちくそ
  2007年04月14日(土曜日)の日記
■花は流れて…
  2007年04月15日(日曜日)の日記
■竹取物語
  2007年04月16日(月曜日)の日記
■おはようドリームプラザ
  2007年04月17日(火曜日)の日記
■一瞬の風景から
  2007年04月18日(水曜日)の日記
■清見寺の五百羅漢
  2007年04月20日(金曜日)の日記
■桜とカトリックと渋沢栄一
  2007年04月21日(土曜日)の日記
■都市と死角
  2007年04月22日(日曜日)の日記
■スケール
  2007年04月23日(月曜日)の日記
■はちがや大坪町清水駅
  2007年04月24日(火曜日)の日記
■場所の記憶
  2007年04月25日(水曜日)の日記
■渭城朝雨潤軽塵
  2007年04月26日(木曜日)の日記
■掌(てのひら)の緑
  2007年04月28日(土曜日)の日記
■熱海の正午
   
   
   
     
   
     
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。