電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

西洋では五月に林檎やリラの花が咲き乱れて一年中でいちばん美しい自然の姿が見られる地方が多いようである。しかし日本も東京辺では四月末から五月初めへかけて色々な花が一と通り咲いてしまって次の季節の花のシーズンに移るまでの間にちょっとした中休みの期間があるような気がする。少なくも自分の家の植物界ではそういうことになっているようである。

四月も末近く、紫木蓮の花弁の居住いが何となくだらしがなくなると同時にはじめ目立たなかった青葉の方が次第に威勢がよくなって来るとその隣の赤椿の朝々の落花の数が多くなり、蘇枋の花房の枝の先に若葉がちょぼちょぼと散点して見え出す。すると霧島つつじが二、三日の間に爆発的に咲き揃う。少しおくれて、それまでは藤棚から干からびた何かの小動物の尻尾のように垂れていた花房が急に伸び開き簇生した莟が破れてあでやかな紫の雲を棚引かせる。そういう時によく武蔵野名物のから風が吹くことがあってせっかく咲きかけた藤の花を吹きちぎり、ついでに柔らかい銀杏の若葉を吹きむしることがあるが、不連続線の狂風が雨を呼んで干からびたむせっぽい風が収まると共に、穏やかにしめやかな雨がおとずれて来ると花も若葉も急に蘇生したように光彩を増して、人間の頭の中までも一時に洗われたように清々しくなる。そういう時に軒の雨垂れを聞きながら静かに浴槽に浸っている心持は、およそ他に比較するもののない閑寂で爽快なものである。そういう日が年のうちに一日あることもあり、ないこともあるような気がする。そうだとすると生命のあるうちにそういう稀有な日を出来るだけしみじみと味わっておかなければならない訳である。

寺田寅彦『五月の唯物観』より

 


  2007年05月01日(火曜日)の日記
■桜橋のニセアカシア
  2007年05月02日(水曜日)の日記
■清商と甲子園
  2007年05月05日(土曜日)の日記
■蜂ヶ谷のべにふじ
  2007年05月06日(日曜日)の日記
■名前の由来
  2007年05月07日(月曜日)の日記
■地蔵堂と蜜柑山
  2007年05月08日(火曜日)の日記
■火事と音読と紅い花
  2007年05月09日(水曜日)の日記
■上原堤夕景
  2007年05月10日(木曜日)の日記
■花とおじさん
  2007年05月11日(金曜日)の日記
■神田祭
  2007年05月12日(土曜日)の日記
■母の日と後楽園
  2007年05月13日(日曜日)の日記
■愉快
  2007年05月14日(月曜日)の日記
■石転々──丸山の謎
  2007年05月15日(火曜日)の日記
■日本橋往来
  2007年05月16日(水曜日)の日記
■バラが咲く頃
  2007年05月17日(木曜日)の日記
■かわいこちゃんの限界
  2007年05月18日(金曜日)の日記
■水の季節
  2007年05月20日(日曜日)の日記
■ひとりと世界
  2007年05月21日(月曜日)の日記
■ハンカチとユリノキ
  2007年05月22日(火曜日)の日記
■塚間再訪(1)
  2007年05月23日(水曜日)の日記
■塚間再訪(2)
  2007年05月24日(木曜日)の日記
■塚間再訪(3)
  2007年05月25日(金曜日)の日記
■フェルケール博物館とアメンボと清水ライナー
  2007年05月26日(土曜日)の日記
■ニッポン鉄道繁盛記
  2007年05月27日(日曜日)の日記
■花溜まり
  2007年05月28日(月曜日)の日記
■旧清水市役所と大胞子葉の褐色毛
  2007年05月29日(火曜日)の日記
■江戸と駿河台と庵原と第二東名
  2007年05月30日(水曜日)の日記
■サンコノマツ
  2007年05月31日(木曜日)の日記
■不思議なふたり
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。