電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

 毎年春と秋と一度ずつ先祖祭をするのがわが家の例である。今年の秋祭はわが帰省中にとの両親の考えで少し繰り上げて八月某日にする事ときめてあったが、数日来のしけで御供物肴がないため三日延びた。その朝は早々起きて物置の二階から祭壇を下ろし煤を払い雑巾をかけて壇を組みたてようとすると、さて板がそりかえっていてなかなか思うようにならぬのをようやくたたき込む。その間に父上は戸棚から三宝をいくつも取下ろして一々布巾で清めておられる。いや随分乱暴な鼠の糞じゃ。つつみ紙もところどころ食い破られた跡がある。ここに黄ばんだしみのあるのも鼠のいたずらじゃないかしらんなど独語を云いながら我も手伝うておおかた三宝の清めも済む。取散らした包紙の黴臭いのは奥の間の縁へほうり出して一ぺん掃除をする。置所から色々の供物を入れた叺を持ってくる。父上はこれに一々水引をかけ綺麗にはしを揃えて、さて一々青い紙と白い紙とをしいた三宝へのせる。あたりは赤と白との水引の屑が茄子の茎人蔘の葉の中にちらばっている。奥の間から祭壇を持って来て床の中央へ三壇にすえ、神棚から御厨子を下ろし塵を清めて一番高い処へ安置し、御扉をあけて前へ神鏡を立てる。左右にはゆうを掛けた榊台一対。次の壇へ御洗米と塩とを純白な皿へ盛ったのが御焼物の鯛をはさんで正しく並べられる。一番大きな下の壇へは色々な供物の三宝が並べられる。先ず裏の畑の茄子冬瓜小豆人参里芋を始め、井戸脇の葡萄塀の上の棗、隣から貰うた梨。それから朝市の大きな西瓜、こいつはごろごろして台へ載りにくかったのをようやくのせると、神様へ尻を向けているのは不都合じゃと云い出してまた据え直す。こんな事でとうとう昼飯になった。食事がすんでそこらを片付けるうち風呂がわいたから父上から順々にいってからだを清める。風呂から出て奥の間へ行くと一同の着替えがそろえてある。

寺田寅彦『祭』より


  2007年08月01日(水曜日)の日記
■文字と意味の風景
  2007年08月02日(木曜日)の日記
■ガード下の人々
  2007年08月03日(金曜日)の日記
■壁のうちそと
  2007年08月04日(土曜日)の日記
■朝顔余話
  2007年08月05日(日曜日)の日記
■越路食堂
  2007年08月06日(月曜日)の日記
■ジャックと豆ったい
  2007年08月07日(火曜日)の日記
■唐辛子の赤
  2007年08月08日(水曜日)の日記
■罰当たりと暑気払い
  2007年08月09日(木曜日)の日記
■地に描く
  2007年08月10日(金曜日)の日記
■池袋本村の庚申塔
  2007年08月11日(土曜日)の日記
■球形の爆風
  2007年08月12日(日曜日)の日記
■夏の垂れ下がり
  2007年08月13日(月曜日)の日記
■HANDS
  2007年08月14日(火曜日)の日記
■目標
  2007年08月15日(水曜日)の日記
■安田講堂と蓮
  2007年08月16日(木曜日)の日記
■春日局と麟祥院
  2007年08月17日(金曜日)の日記
■21グラム
  2007年08月18日(土曜日)の日記
■紙飛行機
  2007年08月20日(月曜日)の日記
■脱力と風景
  2007年08月21日(火曜日)の日記
■ポイント
  2007年08月23日(木曜日)の日記
■壁
  2007年08月24日(金曜日)の日記
■紙と繊維の街
  2007年08月25日(土曜日)の日記
■アロハな人たち
  2007年08月26日(日曜日)の日記
■町会事務所とそろばん
  2007年08月27日(月曜日)の日記
■かきとり
  2007年08月29日(水曜日)の日記
■窓
  2007年08月30日(木曜日)の日記
■幹と金網
  2007年08月31日(金曜日)の日記
■農のある街角
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。