電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

 学校の昼の休みに赤門前の友の下宿の二階にねころんで、風のない小春日の温かさを貪るのがあの頃の自分には一つの日課のようになっていた。従ってこの下宿の帳場に坐っていつもいつも同じように長い煙管をふすべている主婦ともガラス障子越しの御馴染になって、友の居ると居ないにかかわらず自由に階段を上るのを許されていた。
 ここな二階から見ると真砂町の何とか館の廊下を膳をはこぶ下女が見える。下は狭い平庭で柿が一本。猫がよくこれを伝うて隣の屋根に上るのである。庭へは時々近辺の子供が鬼ごっこをしながら乱入して来ては飯焚の婆さんに叱られている。多く小さい男の子であるが、中にいつも十五、六の、赤ん坊を背負った女の子が交じっている。そしてその大きい目から何からよく死んだ妹に似ているので、あれは何処の娘かと友に尋ねてみた事がある。友の知っているだけでは彼は隣の小さい下宿の娘で、父なる者は今年七十近い爺さんで母はやっと三十くらいだとの事であった。名は雪ちゃんと云った。
 その後自分は小石川へ家を持つ事になって、しばらくの間友の下宿へも疎くなっていたが、悲しい事情のために再び家をたたんで下宿住いをしなければならぬ事になった時、ちょうど友の隣の下宿の二階があいているとの事で計らずこの雪ちゃんの宅に机を据える事になった。
 ここに世話になったのがかれこれ半年。あえて短い日子ではなかったが、こう云う事には極めて疎い自分にはこの家の家庭の過去現在について知り得られた事は至って僅かで、また強いて知りたいと思いもしなかった。が、主婦が新潟の人である事、主人はもとは士族で先妻に子まであった事、そして先妻がなくなったあとそれまで下女であった今の主婦を入れた事などは友や主婦自身の口から知った僅かな事実の主なる部分であった。しかし雪ちゃんが主婦の実子か否と云う事は聞き洩した。尤も主婦がこの娘に対すると先達て生れた妹の利ちゃんに対するとその間に何のちがいも自分には認められなかったとは云え。

寺田寅彦『雪ちゃん』より


  2007年12月01日(土曜日)の日記
■赤坂大股歩き
  2007年12月03日(月曜日)の日記
■雨の日の外出
  2007年12月04日(火曜日)の日記
■静と動のある紅葉風景
  2007年12月05日(水曜日)の日記
■帰り道の人々
  2007年12月07日(金曜日)の日記
■射したり切ったり
  2007年12月08日(土曜日)の日記
■歴史と理科または逃避
  2007年12月09日(日曜日)の日記
■12月のカレンダー
  2007年12月10日(月曜日)の日記
■12年後の再起動
  2007年12月11日(火曜日)の日記
■取っ手と手がかり
  2007年12月12日(水曜日)の日記
■青空に点る灯
  2007年12月13日(木曜日)の日記
■湯たんぽ今昔
  2007年12月14日(金曜日)の日記
■師走の暦
  2007年12月15日(土曜日)の日記
■怪道をゆく
  2007年12月16日(日曜日)の日記
■Love Minus Zero/No Limit
  2007年12月17日(月曜日)の日記
■新宿窓三景
  2007年12月18日(火曜日)の日記
■大久保界隈
  2007年12月19日(水曜日)の日記
■高田界隈
  2007年12月20日(木曜日)の日記
■宿坂上り下り
  2007年12月21日(金曜日)の日記
■雑司ヶ谷界隈
  2007年12月22日(土曜日)の日記
■此花亭
  2007年12月23日(日曜日)の日記
■護国寺通り抜け
  2007年12月24日(月曜日)の日記
■立ち上がる
  2007年12月25日(火曜日)の日記
■距離と感覚と消費熱量
  2007年12月26日(水曜日)の日記
■万歩のヒミツ
  2007年12月27日(木曜日)の日記
■ミッキーの目覚まし
  2007年12月28日(金曜日)の日記
■遠山桜と除夜の鐘
  2007年12月29日(土曜日)の日記
■東京外国語大学と円筒掲示板
  2007年12月30日(i日曜日)の日記
■師走の驟雨
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。