電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】
 かえりも月夜でありました。
 しかし、かえりの月夜は、なんとなくつまらないものです。子供たちは、だまって――ちょうど一人一人が、じぶんのこころの中をのぞいてでもいるように、だまって歩いていました。
 切通し坂の上に来たとき、一人の子が、もう一人の子の耳に口を寄せて何かささやきました。するとささやかれた子は別の子のそばにいって何かささやきました。その子はまた別の子にささやきました。――こうして、文六ちゃんのほか、子供たちは何か一つのことを、耳から耳へいいつたえました。
 それはこういうことだったのです。「下駄屋さんの小母さんは文六ちゃんの下駄に、ほんとうにマッチをすっておまじないをしやしんだった。まねごとをしただけだった」
 それから子供たちはまたひっそりして歩いてゆきました。ひっそりしているとき子供たちは考えておりました。
 ――狐につかれるというのはどんなことかしらん。文六ちゃんの中に狐がはいることだろうか。文六ちゃんの姿や形はそのままでいて、心は狐になってしまうことだろうか。そうすると、いまもう、文六ちゃんは狐につかれているかもしれないわけだ。文六ちゃんは黙っているからわからないが、心の中はもう狐になってしまっているかもしれないわけだ。
 おなじ月夜で、おなじ野中の道では、誰でもおなじようなことを考えるものです。そこでみんなの足はしぜんにはやくなりました。
 ぐるりを低い桃の木でとりまかれた池のそばへ、道が来たときでした。子供たちの中で誰かが、
「コン」
と小さい咳をしました。

新美南吉『狐』より


  2008年03月01日(土曜日)の日記
■夢とソラマメ
  2008年03月03日(月曜日)の日記
■新宿区設戸塚小売市場
  2008年03月04日(火曜日)の日記
■本場ラーメンの昭和三十年代
  2008年03月05日(水曜日)の日記
■もう一度昭和を歩いてみようか
  2008年03月06日(木曜日)の日記
■数寄屋橋メモ
  2008年03月07日(金曜日)の日記
■インド人でビックリ
  2008年03月08日(土曜日)の日記
■信濃川冬景色…3
  2008年03月09日(日曜日)の日記
■春の定点
  2008年03月10日(月曜日)の日記
■聖パウロ女子修道会でリコーダー
  2008年03月11日(火曜日)の日記
■谷内六郎の夕暮れ
  2008年03月12日(水曜日)の日記
■桜咲く頃
  2008年03月13日(木曜日)の日記
■金沢文庫
  2008年03月14日(金曜日)の日記
■大公孫樹の1971年
  2008年03月17日(月曜日)の日記
■ふるさとは春です
  2008年03月18日(火曜日)の日記
■春の行列
  2008年03月21日(金曜日)の日記
■信濃川春景色…1
  2008年03月22日(土曜日)の日記
■ある意味天国
  2008年03月23日(日曜日)の日記
■「おっ!」の歩数
  2008年03月25日(火曜日)の日記
■鯉とそうめん
  2008年03月28日(金曜日)の日記
■清水目玉焼2008…1 江尻船溜
  2008年03月29日(土曜日)の日記
■清水目玉焼2008…2 高校三年生
  2008年03月30日(日曜日)の日記
■若葉の頃
   
   
   
   
 

 

   
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。