電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

2008年05月23日(金曜日)の日記
■科捜研と生駒軒

 


Banner

テレビ朝日『科捜研の女』で京都府警科学捜査研究所法医学研究員の榊マリコを演じる白衣姿の沢口靖子を見たら
「なんだなんだなんだ!沢口靖子ってこんなに美人だったのか!」
と突然雷に打たれたようにびっくりしてファンになってしまったのだけれど、なぜかその後白衣を着た法医学研究員姿以外の沢口靖子を見てもあまり美人に見えない。
 
白衣や制服姿を見て衝撃的に人を好きになるというのはあまりまともな感情じゃないのかも知れない。
 
Illustration若い頃、東京下町に多いラーメン屋『生駒軒』から岡持を下げて出前にくるにこやかな娘がいて、出前人が良く着ている襟付き白衣がとてもよく似合い、素敵だなぁと思ってついつい見とれてしまったものだけれど、店が引けて帰宅途中の私服姿を見るとちっとも魅力的じゃないのが不思議だった。
 
ラーメン屋の岡持は前の蓋を持ち上げると中が何段にも別れた効率の良い仕組みになっている。
 
一方蕎麦屋の岡持は横広で平らな木の箱に上から蓋をかぶせるようになっていて大きな取っ手がついている。
 
Illustration郷里静岡県清水。
木製の岡持を下げた出前を東京ではあまり見かけない気がするのだけれど、清水の蕎麦屋では珍しくなくて、昼時になるとずらりと年季の入った岡持を並べて出前準備のてんてこ舞いをしている姿をよく見る。
 
川や海が近いので釣り船などへの出前も昔から盛んだったようで、出前用の木製器具をたくさん持っている蕎麦屋が多い気がする。
 
そんな光景を見慣れたせいか、岡の上から水上へ出前するから岡持というんじゃないかと子どもの頃から思っていたのだけれど、横恋慕を意味する岡惚れが傍惚れとも書くように「おか」はどの字をあてるにせよ「かたわら」とか「直接関係のない立場」を意味しており、岡目八目とか、岡っ引きとか、岡場所の「岡」もそういう意味であり、岡持も傍らに下げて出前するからその名があるのだった。

Photo

【写真】静岡県清水村松、『つじ久』の岡持。

白衣や制服姿を見て衝撃的に好きになったせいか
「科学は嘘をつかないわ」
と真剣なまなざしで呟く法医学研究員姿の沢口靖子を見るたびに、重い岡持を右手で下げ身体を左に傾け額に汗して出前にやってきた生駒軒の娘がだぶってしまい、いずれにせよブラウン管の中の女優と想い出の中の娘にうっとりしていることには変わりない。

icon


この日記へのコメントはこちらへ

▲今朝の「先割れくん」




僕の寄り道――電気山羊は電子の紙を食べるか

こちらは随時更新中!

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。