電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】
 その遊びというのは、ふたりいればできる。ひとりがかくれんぼのおにのように眼をつむって待っている。そのあいだに他のひとりが道ばたや畑にさいているさまざまな花をむしってくる。そして地べたに茶飲茶碗ほどの――いやもっと小さい、さかずきほどの穴をほりその中にとってきた花をいい按配に入れる。それから穴に硝子の破片でふたをし、上に砂をかむせ地面の他の部分とすこしもかわらないようにみせかける。
「ようしか」とおにが催促する、「もうようし」と合図する。するとおにが眼をあけてきてそのあたりをきょろきょろとさがしまわり、ここぞと思うところを指先でなでて、花のかくされた穴をみつけるのである。それだけのことである。
 だがその遊びに私たちが持った興味は他の遊びとはちがう。おににかくしおおせて、おにを負かしてしまうということや、おにの方では、早くみつけて早くおにをやめるということなどにはたいして興味はなかった。もっぱら興味の中心はかくされた土中の一握の花の美しさにつながっていた。
 砂の上にそっとはわせてゆく指先にこつんとかたいものがあたるとそこに硝子がある。硝子の上の砂をのける。だがほんのすこし。ちょうど人さし指の頭のあたる部分だけ。穴からのぞく。そこには私たちのこのみなれた世界とは全然別の、どこかはるかなくにの、おとぎばなしか夢のような情趣を持った小さな別天地があった。小さな小さな別天地。ところがみているとただ小さいだけではなかった。無辺際に大きな世界がそこに凝縮されている小ささであった。そのゆえにその指さきの世界は私たちをひきつけてやまなかったのである。

新美南吉『花をうめる』より


  2008年05月01日(木曜日)の日記
■坂の上の落ち物
  2008年05月06日(火曜日)の日記
■海と雨と音楽と
  2008年05月07日(水曜日)の日記
■秋葉丘陵のてっぺんで考えたこと
  2008年05月08日(木曜日)の日記
■五月の風を泳ぐ
  2008年05月11日(日曜日)の日記
■夕暮れと『ヤマタカみそ』
  2008年05月12日(月曜日)の日記
■渚の鶏飯
  2008年05月13日(火曜日)の日記
■清水は死なず
  2008年05月18日(日曜日)の日記
■ヤキソバEXPRESS
  2008年05月19日(月曜日)の日記
■散歩と散髪
  2008年05月20日(火曜日)の日記
■愚図と低温
  2008年05月21日(水曜日)の日記
■計測と録音
  2008年05月23日(金曜日)の日記
■科捜研と生駒軒
  2008年05月24日(土曜日)の日記
■洗濯渡し
  2008年05月25日(日曜日)の日記
■炭団・豆炭・練炭の頃
  2008年05月26日(月曜日)の日記
■山ねこ 拝
  2008年05月28日(水曜日)の日記
■そうだ、東京都行こう
  2008年05月29日(木曜日)の日記
■いろはにこんぺいとう
  2008年05月30日(金曜日)の日記
■自由学園明日館と笛の楽園
  2008年05月31日(土曜日)の日記
■赤飯お国訛り
   
   
   
   
   
   
   
 

 

   
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。