電脳六義園通信所管理人 石原雅彦の日日抄

2009/03
2009/02
2009/01
2008/12
2008/11
2008/10
2008/09
2008/08
2008/07
2008/06
2008/05
2008/04
2008/03
2008/02
2008/01
2007/12
2007/11
2007/10
2007/09
2007/08
2007/07
2007/06
2007/05
2007/04
2007/03
2007/02
2007/01
2006/12
2006/11
2006/10
2006/09
2006/08
2006/07
2006/06
2006/05
2006/04
2006/03
2006/02
2006/01
2005/12
2005/11
2005/10
2005/09
2005/08
2005/07
2005/06
2005/05
2005/04
2005/03
2005/02
2005/01
2004/12
2004/11
2004/10
2004/09
2004/08
2004/07
2004/06
2004/05
2004/04
2004/03
2004/02
2004/01
2003/12
2003/11
2003/10
2003/09
2003/08
2003/07
2003/06
2003/05
2003/04
2003/03
2003/02
2003/01
2002/12
2002/11
2002/10
2002/09

2002/08
2002/07
2002/06
2002/05
2002/04
2002/03
2002/02
2002/01
2001/12
2001/11
2001/10
2001/09

2001/08
2001/07
2001/06
2001/05
2001/04
2001/03
2001/02
2001/01
2000/12
2000/11
2000/10
2000/09
2000/08
2000/07
2000/06
2000/05
2000/04
2000/03
2000/02
2000/01
1999/12
1999/11
1999/10
1999/10以前



三好春樹主催・生活とリハビリ研究所サイトの管理日誌です。

【今月の栞】

「ここに立ってた木は、どこへいったの。」
と小鳥は根っこにききました。
 根っこは、
「きこりが斧でうちたおして、谷のほうへもっていっちゃったよ。」
といいました。
 小鳥は谷のほうへとんでいきました。
 谷の底には大きな工場があって、木をきる音が、びィんびィん、としていました。
 小鳥は工場の門の上にとまって、
「門さん、わたしのなかよしの木は、どうなったか知りませんか。」
とききました。
 門は、
「木なら、工場の中でこまかくきりきざまれて、マッチになってあっちの村へ売られていったよ。」
といいました。
 小鳥は村のほうへとんでいきました。
 ランプのそばに女の子がいました。
 そこで小鳥は、
「もしもし、マッチをごぞんじありませんか。」
とききました。
 すると女の子は、
「マッチはもえてしまいました。けれどマッチのともした火が、まだこのランプにともっています。」
といいました。
 小鳥は、ランプの火をじっとみつめておりました。
 それから、去年の歌をうたって火にきかせてやりました。火はゆらゆらとゆらめいて、こころからよろこんでいるようにみえました。
 歌をうたってしまうと、小鳥はまたじっとランプの火をみていました。それから、どこかへとんでいってしまいました。

新美南吉『去年の木』より

 


  2009年02月01日(日曜日)の日記
■信濃川冬景色…3
  2009年02月03日(火曜日)の日記
■流れる
  ワンカップの時代
(Juntos43号―2008年8月―『打てば響くか』より)
  東京五輪音頭
(Juntos44号―2008年10月―『打てば響くか』より)
  小鳥を食べる人々
(Juntos45号―2008年12月―『打てば響くか』より)
  言葉と祈り
(Juntos46号―2009年2月―『打てば響くか』より)
  ラジオ
(Bricolage157号―2007年5月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  似ている
(Bricolage121号―2003年10月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  カラシダネ
(Bricolage119号―2003年7月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  聞いて聞いて
(Bricolage128号―2004年6月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  宇宙漂流
(Bricolage127号―2004年5月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  食べる
(Bricolage133号―2004年12月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  介護認定
(Bricolage134号―2005年2月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  病気と神様
(Bricolage135号―2005年3月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  心の血行
(Bricolage136号―2005年4月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  神奈川県二宮
(Bricolage137号―2005年5月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  男と家事
(Bricolage138号―2005年6月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  スキップ
(Bricolage139号―2005年7・8月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  ありがとう
(Bricolage140号―2005年9月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  遺された者
(Bricolage141号―2005年9月―『装丁者のひとりごと』に加筆訂正)
  母とオンボロ自転車
(2003年8月14日の日記に加筆訂正)
  土砂降りの中を歩く
(2003年8月17日の日記に加筆訂正)
  45ウイスキー
(2003年8月21日の日記に加筆訂正)
  遠距離と家族
(2003年8月27日の日記に加筆訂正)
  誕生日の朝
(2003年9月4日の日記に加筆訂正)
  入院
(2003年9月5日の日記に加筆訂正)
 

母の住所録
(2003年9月7日の日記に加筆訂正)

  女と台所と冷蔵庫
(2003年10月2日の日記に加筆訂正)
  かたちあるもの
(2003年10月3日の日記に加筆訂正)
  巴川夕景
(2003年10月4日の日記に加筆訂正)
  まちの死といなかの死
(2003年10月6日の日記に加筆訂正)
  時と場所
(2003年10月16日の日記に加筆訂正)
  みんな
(2003年10月18日の日記に加筆訂正)
  病室のピクニック
(2003年10月20日の日記に加筆訂正)
  甘食を知っていますか?
(2003年11月01日の日記に加筆訂正)
  病院に歌が流れるとき
(2003年11月09日の日記に加筆訂正)
  ひとまず退院
(2003年11月16日の日記に加筆訂正)
  親子の対話
(2003年11月19日の日記に加筆訂正)
  出清水記
(2003年11月23日の日記に加筆訂正)
  楽しい病院とは
(2003年11月28日の日記に加筆訂正)
     
     
     
     
     

 


電脳六義園サイトへのリンクは下のバナーをご利用ください。